FC2ブログ
 

AFV模型の工作部屋から

ほぼ初心者の出戻りモデラーです。兎にも角にも完成を目指します。

装填部 製作 (2): タミヤ 3号突撃砲 G型 #4

AFV【ドイツ軍<風>】 > タミヤ 3号突撃砲 G型 (MM No.14)
「古いタミヤも ちょっと工夫で この美味さ !!」 知らんか・・・(^^;

ご訪問ありがとうございます。 うどん師団であります! ( ̄^ ̄ゞ ササッ!!

しかし、蒸し暑い・・・ 蒸し暑すぎる・・・。 全然風が吹かん。。。
積みプラにも カビが生えそうだわ。。。(一一")


さてさて、引き続きの装填部ですが・・・

プラ材の切った貼った、寸法詰め で現在こんなところ。
・・・で、それに タミヤ 3号突撃砲 B型:Dパーツから ちょこちょこ流用していこうと・・・。
(レオパルド中戦車の履帯を取り寄せた際に 一緒に買ってました。)


tamiya 3ausfg-18  tamiya 3ausfg-19

砲身は、歪み等 プラが劣化したのか!? ひどい状態。
芯にプラ棒を入れ、タミヤセメントのトロトロをたっぷり塗布して貼り合わせ・・・。


防盾上部の溶接痕。
リューターで軽~く 凹溝を入れてから、流し込み接着剤を塗り 例の栗ピーラーでw
あと、苦手なスジ彫りも頑張って各所に入れました。


ま、架空の嘘っぱちですが、もうちょい手を入れて 「っぽく」したいと思います。


え~・・・ 前回、前に出した基部の台座を元位置まで戻しました。
現物合わせでイジっていった結果、こんなんなってます。


天板を マイクロチゼル、エッチングソーで カリカリ、シャカシャカ・・・
えぇ、ブチ抜いてやりました。


tamiya 3ausfg-21  tamiya 3ausfg-20

これで、摺合せが しやすくなりました。
・・・で、試しに 7.5cm砲を載せてみます。
後のせサクサクにしたのですが、取り付けが えらくタイトなんで、ちょっと不安です。


おや!? やはり というか、当然 内部はスカスカですね。
そうスカスカです・・・ フフフ・・・。


では 今回はこの辺で! ( ̄^ ̄ゞ ビッ!!

ブログランキング参加しました。
愛の「ポチッ」支援 よろしく御願いします!

↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村

拍手・コメントなど 頂けたら嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓↓

装填部 製作 (1): タミヤ 3号突撃砲 G型 #3

AFV【ドイツ軍<風>】 > タミヤ 3号突撃砲 G型 (MM No.14)
7.5cm StuK 40 L/48・・・なんか格好いい字面w
ご訪問ありがとうございます。 うどん師団であります! ( ̄^ ̄ゞ サッ!!

車体下部に引き続きまして、
現在 装填部周辺を製作しております。


まず キットの装填部、防盾、砲身を借り組みしてみますと・・・。

tamiya 3ausfg-13  tamiya 3ausfg-14

ふむ、約40年前の製品ですが、そんなに悪くないというか、これはこれで格好いい!?
そりゃまぁ、ドラゴンの3突などとは比較対象にすらならないですけどねぇ・・・(^^;


ストレート組みで行くかイジるか、いつも悩むんですが・・・。
やはりハッチから中が見えるので、戦闘室内に手を入れようと思い立った次第。


まずはポジション変更から取り掛かっています。

tamiya 3ausfg-15

このキットでは、砲尾の後ろに全く余裕がありませんね・・・。
さすがに これでは砲弾が装填できません。。。(一一")


そこで、支持パーツの前縁ギリギリに穴開けして、支持位置を前に移動(約7mm)。
次に台座周りを切り取って、前後をひっくり返します。
これで約8mm前進するので、上記の作業と合わせて 1.5cmほど装填部が前寄りに。


tamiya 3ausfg-16  tamiya 3ausfg-17

底板のパネルラインをスジ彫りしてディテ追加途中。
・・・フニャフニャやないかい。。。orz


とりあえず 装填部の位置が決まった!? ので、
これを基準に 周辺の機器類をデッチして参ります。


では 今回はこの辺で! ( ̄^ ̄ゞ ビッ!!

ブログランキング参加しました。
愛の「ポチッ」支援 よろしく御願いします!

↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村

拍手・コメントなど 頂けたら嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓↓

再開~!!(?): タミヤ 3号突撃砲 G型 #2

AFV【ドイツ軍<風>】 > タミヤ 3号突撃砲 G型 (MM No.14)
ご訪問ありがとうございます。 うどん師団であります! ( ̄^ ̄ゞ ササッ!!

いやはや、ブラジルW杯のGLも あっと言う間でしたな。
ザックJAPAN・・・過剰な期待はしてませんでしたが、にしても・・・まぁ、ええか。


さて、模型製作の方もスッキリしません。。。
塗装しようかと思うと・・・雨が降りやがりますよ。
なもんで、また今週のはじめから 違うキットを工作しとるんですよ。


・・・して、何を作っているのかと申しますと・・・

当初の熱意は 何処へやら!?
ほぼ手付かずで放置w しておりました タミヤ 3号突撃砲 G型を引っ張り出してきました。
しっかし、この箱絵も格好いいわ! やっぱタミヤの箱絵は神!!


tamiya 3ausfg-06

まず、旧モデルの車体下部の穴は もう御承知のとおり。
そこで・・・、恒例の穴埋めついでに車体裏デッチ。


← before  after →
tamiya 3ausfg-04  tamiya 3ausfg-05

このキット(35014)の場合
各穴は ディテールっぽく隠せるような位置にはありません・・・。
そこで、以前 レオパルド中戦車で行った プラ板(0.5mm厚)で全体を覆う形にしました。
うむ・・・つんつるてん だと ちと寂しい・・・で、トーションバーサスのナンチャッテディテを追加。

まぁ、なんという事でしょう~!
ひっくり返った虫のようだった車体が、まるで ひっくり返ったゴツい虫のようにwww(一一")


マフラー部分ですが、
排気管が車体に接着する形だったので、排気管の突起を削り マフラー裏にプラ板を仕込んで接着。
妙にカクカクなので、角を削って丸味を付けました。
あと 排気口をピンバイスで拡げて、管の付け根を黒瞬着で溶接風に。


tamiya 3ausfg-07  tamiya 3ausfg-08

リアパネルは、
牽引ホールド部をデッチというかデタラメ工作。 誘導輪基部は・・・バックレます。
ピンは0.8mm真鍮線で、チェーンは銅線を撚って エッチングベンダーで潰したもの。
溶接痕をデューロパテ、プラストラクト(0.3mm)で。


車体前部は こんな感じ。
0.5mm厚のプラ板を接着します。 ホントは、1~1.5mm前に出したいんですが、面倒になるので・・・。


予備キャタピラ止めは、個人的にこのキットならではと思うので、取り付けました。
(でも箱絵にも描かれてないですけどね・・・。)
起動輪周りですが、簡単に穴埋めだけして 減速機カバーとかは・・・これもバックレます。
溶接痕は、リアパネルと同様です。


tamiya 3ausfg-09  tamiya 3ausfg-10

車体下部側面のボルトなどのディテをプラ棒でデッチ。
殆ど見えないと思いますが、あっさりし過ぎだと逆に落ち着かないのでw


次回は、装填部~。 かな!?

では 今回はこの辺で! ( ̄^ ̄ゞ ビッ!!

ブログランキング参加しました。
愛の「ポチッ」支援 よろしく御願いします!

↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村

拍手・コメントなど 頂けたら嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓↓

タミヤ 3号突撃砲 G型 (MM No.14) #1 (お手付き)

AFV【ドイツ軍<風>】 > タミヤ 3号突撃砲 G型 (MM No.14)
どうも、うどん師団です。
前作・M10駆逐戦車が、サフの乾燥待ちということで(にして)、お手付きしちゃいます。
なにっ、大丈夫か。。。(;゚Д゚)

え~、今回は「タミヤ 3号突撃砲G型 (MM No.14)」でございます。
またしても年代物のこのキット、どういう感じで成仏させますか…。
3突G型はカッコイイですねぇ。大好きです。(あ、作ったことないけど・・・(;´・ω・))


小学生時分は、リモコン戦車を結構作ってました。
正確には・・・買っても大体完成させられなくて、①親父に怒られる→②親父が完成→③オレが遊ぶ→
④オレが壊す→⑤放置→⑥母捨てる
大概こういう図式で落ち着いてました×××
ロイヤルタイガー、ハンティングタイガー、ロンメル襲撃砲の時代ですもんね。懐かし・・・。


tamiya 3ausfg-01

↓キャタピラは当然ポリキャタなんですが、樹脂の感触に柔軟性がなく硬い部分があるというか。。。
ふーむ・・・かなり劣化が進んでる感じなので・・・。
ここは、思い切って何かの連結履帯を(初めて)投入します!
これで末長くコレクションできるはず…壊れないように組み立てないとですね。。。


tamiya 3ausfg-02

↓今回はフィギュア付(戦車兵1名+パラシューター4名)
パラシューターってことは、降下猟兵ってことですよね。
戦車と組み合わせてヴィネットも・・・って、夢は膨らむばかりです。


tamiya 3ausfg-03

でわ、今回は決意表明のみでこの辺で失礼致します。

« »

09 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

うどん師団

Author:うどん師団
四国在住、四十代の量産型オヤジです。
最近、老眼が急激に進行中。
只今【○○風】な俺的AFVをゆるーく製作中。
本来は雑食なので目移り多し。

リンク・コメント等頂けると大変喜びます。
(初めての方もお気軽にどうぞ!)

ページナビ

検索フォーム
 
コンペ出てみたり(無謀)
 
 
FC2カウンター
 
 
ブロとも申請フォーム