FC2ブログ
 

AFV模型の工作部屋から

ほぼ初心者の出戻りモデラーです。兎にも角にも完成を目指します。

タミヤ パンサー中戦車 #9 (予備履帯とか)

AFV【ドイツ軍<風>】 > タミヤ パンサー中戦車 (MM No.65)
箱絵モデリングと言いつつ、適当に作っていたら徐々に逸脱して参りました(^^;

砲塔と車体側面に増加装甲の履帯を付けました。
鎧のしころや佩楯のような感じがします。

panther_ausf.a-33

EPはペラペラなので、キャタピララックの脱落防止ピンとチェーンをデッチ。
ピンピン飛んでいくので、必要数の1.5倍ほど作る羽目に(//>ω<)
牽引ワイヤーの後部の留め具はプラ材で作りました。

panther_ausf.a-34
ん~・・・てか、履帯を上下逆に付けちゃった・・・のか!?(//>ω<)

大体の察しはつくかと思いますが、ピンとチェーンの材料・工具はこんな感じです。
虫ピンは履帯に挿してるやつです。

panther_ausf.a-35


では 今回はこの辺で! ( ̄^ ̄ゞ ビッ!!
スポンサーサイト



タミヤ パンサー中戦車 #8 (車体上部、諸々)

AFV【ドイツ軍<風>】 > タミヤ パンサー中戦車 (MM No.65)
車体上部の諸々残りを工作します。
ツィメリットコーティングなしかよ!?と言うなかれ、今回は箱絵モデリングなので良いんです。

panther_ausf.a-28  panther_ausf.a-29

クリーニングロッドケースは、キットパーツは加工が面倒なのでプラパイプで。
EPの取り付け枠の足が折れたり、ここは工作が難儀でした。

panther_ausf.a-30

左右の装備品は、キットパーツ+EP+真鍮線・パイプ+プラ材の混成。
EPのクランプはドイヒーなのでアベールに換えてます(余ってますしw)。

panther_ausf.a-31

(構造とかよく分からないのですが)装甲をちょい足し。
panther_ausf.a-33

エンジングリルメッシュを貼ったらドイツ戦車って感じになりました。
何気に接着に苦労しました(´・ω・`)

panther_ausf.a-32


では 今回はこの辺で! ( ̄^ ̄ゞ ビッ!!

タミヤ パンサー中戦車 #7 (車体前部)

AFV【ドイツ軍<風>】 > タミヤ パンサー中戦車 (MM No.65)
プラモ弄りながらオリンピック観戦してましたが、
もう最終日ですか。。。始まってみれば、あっという間ですね。


引き続き、パンサー中戦車です。
車体上部が少し短いため、先端の隙間を0.5mmプラ板で延長。
車体下部には装甲のモールドがないので、リューターとデザインナイフで彫って、
黒瞬着で溶接痕を付けました。

panther_ausf.a-25

バイザーブロックとライトはこんな感じにデッチ。
バイザーの装甲の角度と、ライトの大きさが・・・ちょっと(//>ω<)

panther_ausf.a-26

ドライバーズハッチ周りとトラベリングロックをデッチ。
取説では「砲身ささえ」・・・古き良き響きですw

panther_ausf.a-27


では 今回はこの辺で! ( ̄^ ̄ゞ ビッ!!

タミヤ パンサー中戦車 #6 (車体下部の隙間)

AFV【ドイツ軍<風>】 > タミヤ パンサー中戦車 (MM No.65)
最近、「タミヤ M10」とか「M10 駆逐戦車」とかの検索キーワードでのアクセスが
増えて参りました。(ありがたや~)
MM No.350の発売日って先週とかでしたっけ?
でも折角お越し頂いた方には、旧キットの拙い製作記だったりでホント申し訳ないです・・・(//>ω<)


さて、パンサー中戦車は、旧キット恒例の車体下部の隙間埋め工作です。
プラ板の隙間は、ウェーブ黒瞬着をロックタイト液状で割って流し込んで接着しつつ、
最終的には溶接痕的に盛ってます。

panther_ausf.a-23
歪み矯正にプラパイプで後部を拡げています。

車体裏も穴埋め工作&賑やかしのデッチです。
panther_ausf.a-24

(適当にやっているので・・・)
車体裏工作も徐々に苦にならなくなってきました。
慣れって恐ろしいですねw


では 今回はこの辺で! ( ̄^ ̄ゞ ビッ!!

タミヤ パンサー中戦車 #5 (砲塔(ほぼ完成))

AFV【ドイツ軍<風>】 > タミヤ パンサー中戦車 (MM No.65)
熱帯夜に耐えきれず、エアコンを点けて寝たところ夏風邪をひいてしまい、
夏バテを加速させてしまいました・・・orz


なもんで、前回の砲塔の続きです・・・が、少し触った程度。

キットのフック類はコの字形で若干細い感じで、何よりパーティングラインの処理が
面倒だったので、0.5~1.0mmの真鍮線に換えました。
これで破損の心配も無くなりました。

panther_ausf.a-20

エッチングでは薄過ぎるかな?と思った箇所はキットパーツままにしました。
panther_ausf.a-21

内部工作はしませんが、後部のエスケープハッチは可動式&デッチしてみました。
panther_ausf.a-22

あ゛~、ノドが痛い。。。(つω-`。)

では 今回はこの辺で! ( ̄^ ̄ゞ ビッ!!

タミヤ パンサー中戦車 #4 (砲塔ほか(の途中))

AFV【ドイツ軍<風>】 > タミヤ パンサー中戦車 (MM No.65)
オリンピック大好き! うどん師団であります。( ̄^ ̄ゞ ッ!!

パンサー中戦車の続き・・・車体、砲塔の装甲をヤスったついでに防盾などを組立て。
砲身が防盾を貫通しているように工作(プラ板リングを貼り付け)したところ、
か細い印象だった砲身に若干迫力が増したような気がします。


砲身はかなり歪んでいたので、ダボを切り取ってプラ棒を芯にして強引に接着。
ラッカーパテを盛ってクルクルとヤスリ掛け・・・真円は程遠いけど、この辺で。

panther_ausf.a-17
穴モールドだけだった同軸機銃は真鍮パイプを埋め込み。
防盾の照準機用穴もピンバイスで開口しました。


これは賑やかしにターレットリングを・・・何してるんだか(//>ω<)
でも何故こんなものを作ったかと申しますと・・・

panther_ausf.a-18

スーパーパンチコンパスを買ったので、何か使ってみたいと思いまして。
panther_ausf.a-19
防盾の輪っかと砲塔リングもサクっとできました・・・
今までオルファのサークルカッターを自分でイジって使ってたんですが、
使い易さと精度が段チですo(^▽^)o


では 今回はこの辺で! ( ̄^ ̄ゞ ビッ!!

タミヤ パンサー中戦車 #3 (フロントフェンダー)

AFV【ドイツ軍<風>】 > タミヤ パンサー中戦車 (MM No.65)
夜11時ですが29度近くでまだまだ暑い高松からお送りします!
うどん師団であります。( ̄^ ̄ゞ ッ!!


車体上下の摺合せをしていたら、箱絵の感じに近づけようと・・・いつの間にやら
フェンダーを弄っていました。
(また時間かかっちゃうよぉ((((;゚Д゚)))))))

panther_ausf.a-15

タミヤ パンサー中戦車は、A・後期型のような気がしますが、
考証できない人なのでツッコミはなしですよ。


さて、エデュアルドのEPにもフェンダーは入ってますが、はんだ付けじゃないと
出来なさそうなのでキットを適当に加工です。
梨地は削って、薄々攻撃、ボルト付け替え、金属のヒンジはEPから。

panther_ausf.a-16

賑やかしにカステンの蝶ネジも付けてみましたが・・・見えねぇよwww

では 今回はこの辺で! ( ̄^ ̄ゞ ビッ!!

« »

08 2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

うどん師団

Author:うどん師団
四国在住、四十代の量産型オヤジです。
最近、老眼が急激に進行中。
只今【○○風】な俺的AFVをゆるーく製作中。
本来は雑食なので目移り多し。

リンク・コメント等頂けると大変喜びます。
(初めての方もお気軽にどうぞ!)

ページナビ

検索フォーム
 
コンペ出てみたり(無謀)
 
 
FC2カウンター
 
 
ブロとも申請フォーム