FC2ブログ
 

AFV模型の工作部屋から

ほぼ初心者の出戻りモデラーです。兎にも角にも完成を目指します。

スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車体下部 (1) ほか: タミヤ 3号突撃砲 G型 #8

AFV【ドイツ軍<風>】 > タミヤ 3号突撃砲 G型 (MM No.14)
暑ぃ~・・・ 蒸し暑ぃ~。。。
おっと! ご無沙汰しております。 うどん師団であります! ( ̄^ ̄ゞ ササッ!!

お盆が終わって早や10日・・・今日も何処かでゲリラ雷雨。。。
大雨、土砂災害の被災地域の方々には、心よりお見舞い申し上げます。

この辺りは 8月は天候不順で、真夏らしい高温の日は少ないのですが・・・。
湿度はどうにかならへんか?って感じで・・・ 蒸しあち~ (´-ω-`)


牛歩ペースも相変わらず 未だ車体内部をイジってます。

・・・が、ここで 三週間ほど前の自分を問い詰めたい。
作業工程がおかしいだろ!?・・・と。 いろいろ組み付け済みなので めんどい!!
うがー ・・・。


さて、気を取り直しまして・・・(^^;

タミヤパテ(!?・・・久し振りに使った)で・・・
左右の a.上部転輪裏のシャフト穴 b.ダンパー裏のダボ穴跡 c.ダンパー裏上のヒケ の処理。
案の定、ヤスリ掛けしてたら 操縦レバー取れました・・・。
でも 根っこのプラ同士のとこだったので
⊂(^ω^)⊃セフセフ!!

上部転輪を組み立て。
貼り合わせてから、ゲート処理など した後、接着固定してやりました。


tamiya 3ausfg-45  tamiya 3ausfg-46

戦闘室内の機器類を製作。
d.-e.を 1mmプラ板の箱組み、積層で工作。 これを基準にして周辺をデッチ。
ネットで拝借したドラゴン三突の取説を参考にしました。


フェンダーというか、戦闘室の両側の隙間をプラ板で塞ぎます。
ここは厚みが欲しいので、1.5mm厚をもう一枚重ねようと思います。
前方の隔壁!?をノギスで測りつつ、現物合わせで それなりの形に。


tamiya 3ausfg-49  tamiya 3ausfg-50

砲弾ラックの工作。
キットパーツ C-24 をカットして、周囲をプラ板箱組みで。
留め金具は真鍮パイプで なんちゃってヒンジを・・・。
砲身右脇のラックも・・・ ま、同じようなモンですね。


tamiya 3ausfg-47  tamiya 3ausfg-48

セットしてみると・・・概ねこんな感じになります。

最近ホントに集中力が持続しなくなりました・・・トホホ
老眼&乱視!?も進行し、「老い」を実感し始めた 今日この頃です。。。ショボーン(´-ω-`)

では 今回はこの辺で! ( ̄^ ̄ゞ ビッ!!

ブログランキング参加しました。
愛の「ポチッ」支援 よろしく御願いします!

↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村

拍手・コメントなど 頂けたら嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

トランスミッション デッチ (2) ほか: タミヤ 3号突撃砲 G型 #7

AFV【ドイツ軍<風>】 > タミヤ 3号突撃砲 G型 (MM No.14)
ご訪問ありがとうございます。 うどん師団であります! ( ̄^ ̄ゞ サッ!!

ノロノロ台風11号も こちらではなんとか通過して行きました。
山間部の実家も 何とか無事でした。 ふぅ~。。。
・・・ん~、これで我が うどん県の天敵、水不足の心配は無くなった!? でしょうか。


ノロノロと言えば、こちらもノロノロ モデリングのタミヤ 3号突撃砲 G型。。。

ようやくトランスミッション本体周りが一応の完成です。
・・・が、メーターパネルは現在思案中。。。
でも、しょーもない画像ですが、4枚も載せます・・・(;^ω^)


tamiya 3ausfg-33  tamiya 3ausfg-34

tamiya 3ausfg-35  tamiya 3ausfg-36

左右の銀色のパイプは、1.2mmのハンダ線。
(取り回しは、今後の作業がし易い感じにしました)
スプリング等は 0.3mm銅線を巻き付け、鉛シートなどでちょこちょこアクセントを・・・。


ドライバーズシートです。
フレームは0.8mmハンダ線で。
背裏のバネは、#31 (0.24mm) 銅線を1mmプラ棒に巻いて、ちょっと伸ばして潰したものです。


tamiya 3ausfg-37  tamiya 3ausfg-38


車体側の(よく解らない)ディテールをデッチ。
操縦レバーは、1mm銅線にハイキューパーツのスプリングを通して、プラ板でサンドしました。


tamiya 3ausfg-39  tamiya 3ausfg-40

フットバー類をプラ材で工作。
車体側面 内側を トランスミッションが後載せできるようにしました。
(&砲架基部の下のプラ板を1mm程度 切り欠きました。)


ちょいと載せてみます。
前回からだと かなり密度感が高まってきましたよ~。(当社比)


tamiya 3ausfg-41  tamiya 3ausfg-42

おかずの品数が多い 幕の内弁当が好きな自分としては、
いい感じに詰まってきた気がします・・・(^^)v


では 今回はこの辺で! ( ̄^ ̄ゞ ビッ!!

ブログランキング参加しました。
愛の「ポチッ」支援 よろしく御願いします!

↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村

拍手・コメントなど 頂けたら嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓↓

トランスミッション デッチ (1) ほか: タミヤ 3号突撃砲 G型 #6

AFV【ドイツ軍<風>】 > タミヤ 3号突撃砲 G型 (MM No.14)
皆様、暑中お見舞い申し上げます。
ご訪問ありがとうございます。 うどん師団であります。 ( ̄^ ̄ゞ サッ!!


連日の暑さ & ここ最近の雨 に敗け、久々の更新でございます・・・。

・・・で、現在 トランスミッション(らしきもの)を製作中。
あぁ、どんどん完成が遠のいてゆく・・・(^^;


ネットで見かけた100円ライターを使っての作例を参考に工作。
大振りに作ってしまい、各部の取り付け角や合いがイマイチだわ・・・。
♪~反省と後悔がおみやげ~♪


tamiya 3ausfg-28  tamiya 3ausfg-29

工作は、基本的に サークルカッターで切り出したプラ材の積層です。
周りをプラ材、ガンプラ等のサポートパーツなどでゴテゴテと。
ライターとプラ材の接着は、セメダインPPX を使用。


車体前部は モーターライズ用の突起などを削り落として、
サスペンションのディテをデッチ。
砲架の基部周辺もちょこっと工作して、装填部底板を取り付け。


tamiya 3ausfg-30

ドライバーの足元のカバーは、鉛シートにエッチングメッシュを押し付けて
滑り止めっぽいパターンを入れてから プラ板に接着。
うーむ・・・プラ板だけよりかは マシでしょうか・・・!?


現状で搭載してみると・・・こんな感じです。
現物合わせで、ドライバーズシートやパイプ類・レバーなどを追加の予定。


tamiya 3ausfg-31  tamiya 3ausfg-32

前の方が詰まってくると、空っぽの車体後部が気になる。
・・・が、エンジン周辺はスルーした方が・・・賢明だな、うん。

てか、早く外側に取り掛かりたいです。


では 今回はこの辺で! ( ̄^ ̄ゞ ビッ!!

ブログランキング参加しました。
愛の「ポチッ」支援 よろしく御願いします!

↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村

拍手・コメントなど 頂けたら嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓↓

« »

08 2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

うどん師団

Author:うどん師団
四国在住、四十代の量産型オヤジです。
最近、老眼が急激に進行中。
只今【○○風】な俺的AFVをゆるーく製作中。
本来は雑食なので目移り多し。

リンク・コメント等頂けると大変喜びます。
(初めての方もお気軽にどうぞ!)

ページナビ

検索フォーム
 
コンペ出てみたり(無謀)
 
 
FC2カウンター
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。